• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

IBM WebSphere Application Server

IBM WebSphere Application Server を使用している場合の New Relic の Java エージェントの設定方法について説明します。 互換性のあるバージョン の場合、New Relic の手順に従って WebSphere に Java エージェントをインストールしてください

IBM WebSphere App Server

コメント

対応するIBM JVMのバージョン

New Relic は、Java エージェントと 互換性のある WebSphere のすべてのバージョンをサポートしています 。ただし、IBM JVM の一部のバージョンは、 IBM JVM の既知の問題により、Java エージェントとの互換性がありません

New Relic の Java エージェントは、IBM JVM のこれらの主要なバージョンに対応しています。

  • 8: 全バージョン

Java 2 セキュリティ

Java 2 Security と WebSphere を使用している場合、Java エージェントが正しく実行されるためには、Java エージェント に追加の許可を与える必要があります。

ブラウザのモニタリング

WebSphere上でJavaエージェントを実行する際にブラウザモニタリングを使用するには、 手動でブラウザモニタリングを有効にする必要があります。

WebSphere PMIメトリックス

Java エージェントを構成して、 追加の WebSphere PMI メトリクス をキャプチャすることができます。これらのメトリクスは、New Relic JVM metrics ページに表示されます。

インスタンス名と表示名

Javaエージェントを設定して、 インスタンス名や表示名のデフォルトの動作を変更することができます

Copyright © 2022 New Relic Inc.