• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

エージェントロギングへ

New Relic for Goロギングは、標準のGoログパッケージとNewRelic Loggerパッケージを使用します。ロギングは、NewRelic統合のトラブルシューティングに役立ちます。たとえば、インストール構成の問題があります。

ログファイルの書き込み

ログファイルや監査ファイルの作成にGoエージェントのメソッドを使用するには、エージェントのGitHubリポジトリ( )のlog.goを参照してください。

Logrusの統合例 [#logrus]

New Relic では、Logrus ロギングシステムの インテグレーションを提供しています。ここでは、アプリケーションでNew Relic Logrusインテグレーションを使用する例を紹介します。

    • github.com/sirupsen/logrusgithub.com/newrelic/go-agent/v3/integrations/nrlogrusの両方をインポートします。

    • ログレベルを設定し、LogrusにLoggerの出力を割り当てます。例えば、以下のようになります。

      app, err := newrelic.NewApplication(
          newrelic.ConfigAppName("Your Application Name"),
          newrelic.ConfigLicense("__YOUR_NEW_RELIC_LICENSE_KEY__"),
          func(config *newrelic.Config) {
              logrus.SetLevel(logrus.DebugLevel)
              config.Logger = nrlogrus.StandardLogger()
          },
      )

APMおよびインフラストラクチャデータのログを表示 [#logs-context]

ログとアプリケーションのデータをまとめて、トラブルシューティングをより簡単かつ迅速にすることもできます。コンテキスト内のログを使用すると、エラーとトレースに関連するログメッセージをアプリのUIで直接確認できます。また、Kubernetesクラスターなどのインフラストラクチャデータのコンテキストでログを表示することもできます。別のUIページに切り替える必要はありません。

Copyright © 2022 New Relic Inc.