• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

違反行為の属性

条件に違反すると、違反イベントが発生し、重要な情報が下流に伝えられます。

違反の定義やその他の用語については、 警告の概念 を参照してください。

違反行為とは何ですか?

条件 の違反により、違反イベントが発生します。このイベントには様々な属性(メタデータ)が付加されており、異なる属性を異なる機能で使用することができます。

重要

違反イベントは、警告機能を決定するために使用される概念です。関連する属性の一部をNerdGraphで照会することはできますが、違反イベントを直接照会することはできません。

違反行為の属性

この表は、違反イベントの属性を示しています。違反イベントのデータタイプは、 NrAiIncident で収集されます。

違反イベントのデータ型の名前としてNrAiIncidentを使用しているのはなぜか疑問に思われるかもしれません。現在、これらのイベントを「違反」と呼んでいますが、今後の新しい命名スキームでは「インシデント」と呼ばれる予定です。この名前は、私たちの将来の意図を準備し、反映しています。

すべての属性は、 説明 で使用可能です。 ミューティングルールで使用できる属性について をご覧ください。

属性

説明

accountId

違反が発生したアカウントの ID

ミューティングルールに対応

aggregationDuration

アクティブな条件の集計ウィンドウ。

closeCause

該当する場合は、インシデントが終了した原因。

使用可能な値: CONDITION_DELETEDPOLICY_DELETEDEVALUATOREXPIREDCONDITION_MODIFIEDLOSS_OF_SIGNALUSERTARGET_REMOVEDINCIDENT_WORKFLOW_INTEGRATION 、およびCONDITION_DISABLED

closeTime

該当する場合は、インシデントがクローズされた時のタイムスタンプです。

closeViolationsOnExpiration

trueの場合、シグナルが失われると、シグナルのオープン違反はクローズされます。デフォルトはfalseです。このフィールドを使用するには、 expirationDurationを指定する必要があります。

conditionId

違反のきっかけとなった条件のIDです。

ミューティングルールに対応

conditionName

違反のきっかけとなった条件の名前です。

ミューティングルールに対応

degradationTime

対象となるメトリックが、アクティブな条件の閾値を超え始めたタイムスタンプ。

description

アクティブな条件のViolation Descriptionフィールドの内容。

NRQLまたはインフラ条件のみ

entity.guid

対象となる企業のグローバルに一意な識別子(存在する場合)。

ミューティングルールに対応

entity.name

対象となる企業の名前(ある場合)。

entity.type

対象となるエンティティのタイプ(ある場合)。

evaluationOffsetSeconds

アクティブな条件の評価オフセット。データポイントが正しい集計ウィンドウに配置されるようにするための遅延時間(秒単位)。

UIで遅延/タイマー設定を使用すると、 evaluationOffsetSecondsがクリアされ、代わりに遅延/タイマーが使用されます。

evaluationType

違反が開かれた理由。利用可能な値です。

  • Threshold (条件のしきい値に違反しました)
  • Expiration (エンティティの信号が失われました)

event

レコードのイベントタイプ。

使用可能な値: OpenおよびClose

expirationDuration

アクティブコンディションのシグナルロスのタイムウィンドウ。

incidentID

違反行為のユニークな識別子です。

muted

違反イベント発生時に、アクティブな状態がミュートされていたかどうかを示す。

mutingRuleID

違反行為をミュートする原因となったミューティングルールのunqiueな識別子。

nrqlEventType

NRQL 条件が対象とするデータのタイプ。この文脈では、 NRQLで問い合わせ可能なデータタイプ を指します。

ミューティングルールに対応

nrqlQuery

NRQLクエリの完全な文字列。WHERE句の属性のサブ文字列照合に使用できます。

ミューティングルールに対応

openTime

違反が開かれた時のタイムスタンプです。

operator

=<>などの違反しきい値の演算子。

信号損失違反の場合は、空の文字列となります。

policyId

違反の原因となったポリシーのID。

ミューティングルールに対応

policyName

違反の原因となったポリシーの名前です。

ミューティングルールに対応

priority

違反のレベル: warningまたはcritical

recoveryTime

アクティブな条件の対象メトリックが閾値を超えなくなったタイムスタンプ。

runbookUrl

違反の原因となった条件のランブックのURLです。

ミューティングルールに対応

tags.*

違反に関連付けられた任意のKey-Valueメタデータまたはタグ。tags.はプレフィックスで、 *はメタデータ/タグ名です。これを使用する方法の詳細については、 ミュートルールまたは説明のドキュメントを参照してください。

ミューティングルールに対応

targetName

違反行為の対象の名前です。これは、エンティティやクエリの場合もあります。

ミューティングルールに対応

threshold

アクティブコンディションのしきい値。

thresholdDuration

アクティブな条件のしきい値の時間枠。

thresholdOccurrences

for at leastまたはat least once inオカレンス値がアクティブ条件のしきい値で使用されているかどうかを示します。使用可能な値: allまたはany

timestamp

エポックタイムスタンプを使用したイベントのウォールクロック時間。

title

事件のタイトルです。

type

インシデントのタイプです。

使用可能な値: Incident

valueFunction

アクティブな状態の集計機能です。

APM、ブラウザ、およびモバイルアラートの条件タイプで使用されます。

violationTimeLimitSeconds

アクティブコンディションの違反時間制限設定。

violationUuId

非推奨です。使用しないでください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.