• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

アラート状態でのエンティティの管理

アラートでは、 エンティティ は、アプリケーション、ブラウザ、ホストなどの監視対象として定義されます。 アラートのUI には、選択できる利用可能なエンティティが表示されます。また、REST APIおよびAPI Explorerを使用して、 を追加したり、 のエンティティを削除したりすることもできます。

RESTAPIを使用する前に

REST APIは、アラートをプログラムで管理するための推奨される方法ではなくなりました。詳細については、アラートと適用されるインテリジェンスのAPIの概要をご覧ください。

要件

条件のエンティティのリストを変更するには、知っておく必要があります。

一般的な手順

ある条件のエンティティリストを更新するには

  1. 適切な エンティティ ID を探します。例えば、 アプリケーション IDブラウザ ID などです。

  2. ポリシーIDを名前またはタイプで特定する.

  3. ポリシーに関連する条件のリストを取得し、該当するカテゴリーの中から変更したいものを選択します。

  4. add または remove のAPIリクエストを使用して条件を変更します。

重要

条件に追加できるエンティティの最小数と最大数の要件に従ってください。

例エンティティの追加・削除

次の例は、条件にTimberTimeという名前のRubyアプリケーションを追加する方法と、同じ条件からエンティティを削除する方法を示しています。

この例では、最初のステップだけが、エンティティとしてRubyアプリを選択した場合に固有のものとなっています。残りのステップは、どのエンティティを選択しても同じです。

  1. entity_idを取得します;たとえば、 {application_id}

    curl -X GET 'https://api.newrelic.com/v2/applications.json' \
         -H 'X-Api-Key:$API_KEY' -i

    または

    アプリケーション名がわかっている場合は、このコマンドを使用してapp_nameを指定します。

    curl -X GET 'https://api.newrelic.com/v2/applications.json' \
         -H 'X-Api-Key:$API_KEY' -i \
         -d 'filter[name]=TimberTime'
  2. 出力を確認して{application_id}を見つけ、それを{entity_id}として使用します。

    {
    "applications": [
    {
    "id": 12345, <---<<< {application_id} == {entity_id}
    "name": "TimberTime",
    "language": "ruby",
    "health_status": "gray",
    ...
    },
  3. 更新するpolicy_idを取得します。たとえば、 TimberTimeアプリのLogjam Alertポリシー。 policy_idを取得するには、次のコマンドを使用します。

    curl -X GET 'https://api.newrelic.com/v2/alerts_policies.json' \
         -H 'X-Api-Key:$API_KEY' -i \
         -G -d 'filter[name]= Logjam Alert'    <---<<<  {policy_name}
  4. ポリシーの出力を確認します。

    {
      "policies": [
        {
          "id": 85,      <---<<<  {policy_id}
          "incident_preference": "PER_POLICY",
          "name": "Logjam Alert",
          "created_at": 1461176510393,
          "updated_at": 1461176510393
        },
  5. このポリシーのすべての条件をリストし、 {condition_id}を見つけます。

    curl -X GET 'https://api.newrelic.com/v2/alerts_conditions.json' \
         -H 'X-Api-Key:$API_KEY' -i \
         -G -d 'policy_id=85'

    契約条件の見直し、例えば

    {
    "conditions": [
    {
    "id": 234567, <---<<< {condition_id}
    "type": "apm_app_metric",
    "name": "Throughput (web) (High)",
    "enabled": true,
    "entities": [
    "8288171" <---<<< Entity currently included in the policy
    ],
    "metric": "response_time_web",
    "terms": [
    {
    "duration": "5",
    "operator": "above",
    "priority": "critical",
    "threshold": "500",
    "time_function": "all"
    }
    ]
    }
    ]
    }
  6. APIリクエストを使用して、ポリシーの条件にエンティティを追加したり、ポリシーの条件からエンティティを削除したりします。

    {entity_id}{condition_id} 234567に追加するには、 {entity_type}applicationに設定します。

    curl -X PUT 'https://api.newrelic.com/v2/alerts_entity_conditions/12345.json' \
         -H 'X-Api-Key:$API_KEY' -i \
         -H 'Content-Type: application/json' \
         -G -d 'entity_type=Application&condition_id=234567'

    {entity_type}applicationに設定して{condition_id} }234567から{entity_id} 8288171を削除するには:

    curl -X DELETE 'https://api.newrelic.com/v2/alerts_entity_conditions/8288171.json' \
         -H 'X-Api-Key:$API_KEY' -i \
         -G -d 'entity_type=Application&condition_id=234567'
Copyright © 2022 New Relic株式会社。