• ログイン

ベースラインアラート条件の作成

ベースライン条件を使用して、データの挙動に対応する違反閾値を定義できます。

ベースラインアラートは、以下のような条件を作成する際に役立ちます。

  • データの挙動が異常な場合にのみ通知する。
  • 日次または週次のトレンドを含むデータの変化とトレンドに動的に対応する

さらに、ベースラインアラートは、既知の行動がまだ存在しない新規アプリケーションにおいて上手く機能します。

使用方法

ベースライン条件のデータソースを選択する場合(例:APMメトリック)は、そのデータの過去の値を使用して、近い将来のデータの挙動を動的に予測します。

その値について予測された将来の挙動の行は、ベースライン と呼ばれます。ベースライン条件UIのプレビューチャートに黒色の点線として表示されます。

ベースラインアラート条件UIを使用すると、以下のことができます。

  • データソースの変動に対する条件の感度を調整する。
  • 違反をトリガーする挙動を設定します(「5分間を超えて逸脱」など)。
  • 条件が上方の違反、下方の違反、または両方をチェックするかどうかを設定する。

データが予測された「正常」な挙動から逸脱し、選択した基準を満たすと、通知が送信されます。

ベースライン閾値を設定する

one.newrelic.com > AI & アラート > ポリシー >(ポリシーの作成または選択)> アラート条件の作成: ベースラインアラート条件により、異常動作が検出されたときにのみ違反を生成するインテリジェントな自己調整の閾値を設定できます。

ベースライン条件を作成するには、one.newrelic.com > AIおよびアラート > ポリシー >(ポリシーの作成または選択)> アラート条件の作成の順に移動します。条件の作成を開始するときに、次のデータソースのいずれかを選択します。

  • NRQL: NRQL条件を作成し、ベースラインを選択
  • ARM: アプリケーションメトリックベースライン
  • ブラウザ: メトリックベースライン

ベースラインの閾値を設定する際のポイント:

  • ベースラインの方向を設定する際に、ベースラインの上または下で発生する違反を監視するようにします。

  • プレビューチャートは、表示データの2日もしくは7日のいずれかに設定します。(NRQLアラート条件には適用されません)。

  • スライダーバーを使用して、

    クリティカル閾値の感度を調整します。ベースラインの周囲の帯域が狭いほど、感度が高くなり、より多くの違反が生成されます。

  • オプション:

    警告閾値を作成できます(ベースラインの周囲のダークグレーの領域)。

  • NRQLアラートに関しては、認められているNRQLクエリの種類

  • アラート条件が複数のアプリケーションに適用されている場合は、チャートの上のドロップダウンから使用するメトリクスを選択できます。(NRQLアラート条件には適用されません)。

ファセットベースライン条件

NRQLアラート条件はファセットベースラインをサポートします。グラフの凡例で、時系列をクリックして単一のファセットにスコープを設定します。

ベースライン条件に対してファセットNRQLクエリを実行すると、単一のベースラインに結果を絞り込むことができます。

完全な時系列リストに戻るをクリックすると、すべてのファセットの表示に戻ります。

単一の時系列には、ベースライン、閾値バンド、1つ以上の違反領域(存在する場合)が表示されます。

ベースラインの規則と設定

以下に、UIのしくみの詳細を示します。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.