• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

拡張された異常検知

重要

この機能は限定リリースであり、サインアップのリクエストは受け付けていません。

異常検知の対象をAPMアプリケーション以外にも拡大しました。ブラウザ・アプリケーション、モバイル・アプリケーション、インフラストラクチャ・ホストなど、監視したいほぼすべてのものに対して異常検知を設定できます。

重要な理由

様々なアプリケーションやホストに対して警告条件の設定を始める場合、事前に何を通知したいのかを把握するのは難しいものです。異常検知は、システムの典型的なパフォーマンスと、問題が発生し始めている場所を区別するのに役立ちます。

手動でアラート条件を作成する代わりに、監視したい内容を伝えるだけでOKです。異常検知では、システムのベースライン・パフォーマンスを特定し、システム内の異常なアクティビティにフラグを立てることができます。

アノマリーディテクションを始めよう

拡張された異常検知を始めるには

  1. one.newrelic.comから、 [アラートとAI]>[異常検出]に移動します。
  2. [ +構成を追加]をクリックします。
  3. 異常データの記録に使用するアカウントを選択し、監視したいワークロードやエンティティを選択します。
  4. 検出感度を選択します。異常が多すぎないように、 Low の感度をお勧めします。
  5. 最後に、設定に名前を付けて保存します。

ファセット化されたNRQLクエリによる異常の検出

ファセット化されたNRQLクエリで異常を検出すること。

  1. one.newrelic.comから、 [アラートとAI]>[異常検出]に移動します。
  2. [ +構成を追加]をクリックします。
  3. Use a query instead をクリックします。複数のアカウントをお持ちの場合は、アカウントを選択する必要があります。
  4. FACET 句を持つ 1 つ以上のクエリを追加する。クエリに名前を付け、異常を監視したいファセットを確認します。
  5. 検出感度を選択します。異常が多すぎないように、 Low の感度をお勧めします。
  6. 最後に、構成に名前を付けて保存します。

異常を一度に見ることができる

異常検出を設定すると、NewRelicはエンティティとワークロードのゴールデンシグナルの分析を開始します。異常は、検出されるとすぐにUIおよび[異常]タブ全体のアクティビティフィードに表示されます。

異常をクリックすると、その異常についての分析や背景などの詳細が表示されます。

ヒント

この限定リリースでは、異常検出は通知を生成しません。ただし、 NrAiAnomalyイベントのNRQLアラート条件を構成できます。

アノマリーを見るには、 one.newrelic.com から、 Alerts& AI> Issues& activity> Anomalies にアクセスしてください。

アノマリーデータの照会

検出された異常は、NRDBアカウントのNrAiAnomalyイベントに書き込まれます。このイベントの詳細と問い合わせ方法については、こちら をご覧ください。

検知した異常の数を減らす

あまりにも多くの異常が見られる場合は、まず感度レベルが に設定されていることを確認してください。

すでに「 Low 」に設定されている場合は、特定のしきい値を定義して、正常な動作と異常な動作を区別することができます。

カスタムしきい値を定義するには

  1. one.newrelic.comから、 [アラートとAI]>[異常検出]>[設定]に移動します。
  2. 変更する構成をクリックします。
  3. エンティティまたはワークロードを選択し、感度レベルを変更します。

カスタム感度を使用して、異なるエンティティタイプに対する特定のしきい値を定義できます。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。