• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

自動異常検知

自動異常検出は、システム内の異常な動作を検出して分析するための最も簡単な方法です。これは、次の方法を使用して行います。

  1. 異常検出は、エージェントによって報告されたメトリック データを監視し、典型的なアプリケーション ダイナミクスのモデルを構築し、3 つの主要なゴールデン シグナル (スループット、応答時間、エラー) に焦点を当てます。
  2. これらのゴールデン シグナルの 1 つが異常な動作を示す場合、システムはその動作にフラグを立て、通常の動作への回復を追跡します。
  3. お客様のデータの変化に適応し、新しいデータに基づいてモデルを継続的に更新していきます。

自動的にオン: デフォルトでは、異常検出はすべての 必要なアクションはありません。 異常が検出されると、さまざまなアクティビティ ストリームに自動的に表示され、適用されたインテリジェンスの異常がフィードされ、NRQL を介してクエリを実行できるようになります。

相関: 異常は、相関ロジック ( 意思決定とも呼ばれます) に接続されます。関連付けロジックによって問題が関連していると判断された場合、複数のインシデントから 1 つの問題が作成されます。この相関する問題は問題フィードで確認できます。異常は、問題が発生した前後に何が変更されたかに関する追加のコンテキストを提供するため、チームはパターンを簡単に検出して問題を診断できます。

通知の受信: New Relic がスループット、エラー率、または応答時間の異常な変化を検出した場合、チームはこの動作に関する 通知 を受け取ることができます。選択した Slack チャンネルまたはメール チャンネルに通知を送信することをお勧めします。異常な動作が正常に戻ると、回復メッセージが送信されます。通知を受け取りたくない場合でも、 NRQL クエリを使用してデータにアクセスできます。

異常分析: 異常ごとに、Slack で異常分析ページへのリンクを提供します。 このページは、異常に対する自動的な洞察を生成します。このページは、最近の異常を一覧表示する異常タブからも利用できます。このページでは既存の 異常の原因に関する説明を提供するための異常検出データ。

Activity stream[アクティビティ ストリーム]: New Relic ホームページなどのさまざまなアクティビティ ストリーム内で、 概要ページ、エンティティ リスト ビュー、New Relic Lookout を使用すると、APM で監視されているアプリケーションからの関連する異常が表示されます。アクティビティ ストリーム内の異常イベントのいずれかをクリックすると、その異常の分析ページが表示されます。

アプリケーションは常に異常を生成するとは限らないため、検出を受け取らなくても正常な場合があります。

異常検出の構成

異常検出を構成するには:

  1. one.newrelic.com > All capabilities > Alerts & AI に移動し、左側のペインで Anomaly detection [異常検出を] クリックします。
  2. [ +構成を追加]をクリックします。

異常検出の設定を確認するには、 one.newrelic.com > All capabilities > Alerts & AI に移動し、左側のペインで Anomaly detection [異常検出を] クリックします。

  1. アカウント内の他の構成と簡単に区別できるように、構成の名前を決めてください。

  2. この構成に使用するアカウントを選択します。

  3. 含めるアプリケーションとサービスを選択します。

  4. 通知を受け取りたい指標を選択します。

  5. 通知方法を選択します。オプションは次のとおりです。

    • Slack。グラフが使用する Slack チャネルとタイム ゾーンを選択する必要があります。
    • ウェブフック。URL を追加する必要があります。
    • 通知はありません。通知を受け取りたくない場合は、このオプションを選択します。
  6. Save configuration[設定を保存]をクリックします。

異常の詳細を表示する方法

システムのパフォーマンスの異常の詳細を調べて、受け取ったエラーとその理由をよりよく理解できます。

検出された異常の詳細を確認するには、 one.newrelic.com > All capabilities > Alerts & AIに移動します。Anomalies [異常] タブをクリックしてダッシュボードを表示し、表示したい異常をクリックします。

異常の詳細により、次の情報が得られます。

  • 異常の名前。それをクリックすると、APM & サービス機能が表示され、選択した異常の概要が表示されます。
  • 信号の説明。
  • エラー率またはエラー数別のグラフ データ。周波数を変更できます。
  • 分析。見つかった属性、異常、およびエラーを確認して調査します。

ページを展開すると、異常に関する特定のデータ (メタデータ、エンティティ、最近のアクティビティ、および関連するダッシュボード) も表示されます。

構成に関連するすべての異常も表示できます。

  1. one.newrelic.com > All capabilities > Alerts & AI に移動し、左側のペインで Anomaly detection [異常検出を] クリックします。
  2. 異常を表示する構成を検索します。
  3. クリック 構成のアイコンをクリックし、 [View anomalies]を選択します。

特定の構成の異常を確認するには、 one.newrelic.com > All capabilities > Alerts & AI に移動し、左側のペインで Anomaly detection [異常検出を] クリックします。

異常のセットアップ

カスタム異常検出または自動異常検出のいずれかを使用してシステムの異常な動作を監視することを選択したら、異常な動作がチームに通知され、データをクエリして理解できるようにする必要があります。カスタム異常検出と自動異常検出のどちらを選択しても、セットアップは同じです。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.