• /
  • ログイン

価格設定とユーザーモデルの変更の概要

2020年に、New Relicは、新しい価格設定プランと、ユーザーとアカウント構成の管理方法を管理する新しいアカウント/ユーザーモデルの両方を発表しました。

2020年7月30日以降に作成されたNew Relic組織がある場合、新しい価格設定プラン新しいユーザーモデルが適用されます。古い顧客の場合、価格設定プランとユーザーモデルは必ずしも関連していません(たとえば、新しい価格設定プランに切り換えた場合でも、オリジナルのユーザーモデルが適用されます)。

読み進めて、以下を学習してください。

説明された価格プランの変更

New Relic組織には、次の2つの価格設定プランのうち1つが適用されます。

  • New Relic Oneの価格設定:当社の新しい価格設定プランは簡単です。搭載しているFull-Stack Observabilityエディション(Standard、Pro、Enterprise)、取り込んだデータのGB、請求可能「フルユーザー」数に請求されます。2020年7月30日以降に作成されたすべての組織には、この価格設定プランが適用されます。一部の古い組織は、この価格設定に移行できます。
  • 当社の元の製品ベースの価格設定プラン: この価格設定は、特定の製品(例:APM、ブラウザ、モバイル、インフラストラクチャ)のサブスクリプションに基づきます。一部の組織には新しい価格設定プランへの移行オプションがあります。この場合は、ユーザーには引き続き元のユーザーモデルが適用されます。

UIを使用した価格設定プランの決定

どの価格設定プランが適用されるかを決定するには、one.newrelic.comへ移動します。アカウントドロップダウンを選択し、プランを管理を選択します。取り込んだデータについての請求情報と請求対象のユーザーの数が表示される場合は、新しい価格設定プランが適用されています。

New Relic One価格設定プラン - 請求UI

New Relic Oneの価格設定が適用されている場合は、次のような請求UIが表示されます。

説明されたアカウント/ユーザーモデルの変更

ここでは、「ユーザーモデル」は、New Relicユーザーのデータ構成、モデルを使用している広範なアカウント/組織とのやり取りの方法を指します。

以下の、2つのユーザーモデルがあります。

  • New Relic Oneのユーザーモデル: この新しい、改善されたユーザーモデルには、元のユーザーモデルと異なる次のような機能があります。

    • すべてのアカウントとユーザーは、トップレベルの組織 に含まれます。これで、組織はユーザー管理とアクセスできる内容を強力に管理できます。
    • このモデルのユーザーは、元のユーザーモデルのユーザーとは別に管理されます。
    • 元のユーザーモデルの重要な側面であった「所有者(オーナー)」ロールのアカウントはなくなります。
  • 元のユーザーモデル: この古いモデルの一部の側面は、新しいモデルとは異なります。

ユーザーに適用されるユーザーモデルと、価格設定との関連方法については、価格設定とユーザーモデル表を参照してください。

新しい価格設定プランおよびユーザーモデルへのアップグレードの詳細は、以下のとおりです。

UIを使用したユーザーモデルの決定

どのユーザーモデルが適用されているかを判断するには、アカウントドロップダウンからユーザーの環境設定を選択します。下のUIが表示される場合は、新しいNew Relic Oneのユーザーモデルが適用されます。より多くのコンテンツを含む別のUIが表示される場合は、元のユーザーモデルが適用されています(元のユーザードキュメントを参照)。

New Relic Oneのユーザーモデル - ユーザーの環境設定

New Relic Oneのユーザーモデルでユーザーを管理できるかどうかを判断するには、ユーザーの管理を参照してください。

ユーザーモデルに関連する影響

New Relic Oneのユーザーモデルのユーザーには、次の制限があります。

  • アラート通知: アラート通知を受信するユーザーを選択した場合でも、これらのユーザーにはオプションとして表示されません。この結果は、これらのユーザーはNew Relicモバイルアプリのプッシュ通知は受け取らないということです。回避策として、代わりに通知チャネルとしてメールアドレスを使用できます。
  • アカウントの追加: これらのユーザーは自分でNew Relic組織にアカウントを追加できません。アカウントはNew Relicのアカウント担当者からサポートを得る必要があります。アカウントにユーザーを追加する方法については、ユーザーの管理を参照してください。
  • アカウント名の変更: 作成後は、これらのユーザーは組織名は変更できません。

新しいモデルへの移行

新しい価格設定プランと新しいモデルへの切り替え方法の詳細については、新しいモデルへの切り替えを参照してください。

価格設定とユーザーモデルの関係

価格設定とユーザーモデルの概要で説明したように、価格設定プランとユーザーモデルは必ずしも関係していません。この表は、価格設定とユーザーモデルの相互関係を説明したものです。

価格設定プランの要因

元のユーザーモデルのユーザー

New Relic Oneのユーザーモデルのユーザー

元の価格設定

組織が2020年7月30日以前に作成された場合、New Relic Oneの価格設定へ移行するまで、元の価格設定プランが引き続き適用されます。

元の価格設定プランのドキュメントを参照してください。

元の価格設定アカウントについては、ユーザーは自動化されたユーザー管理を介して追加された場合を除き、元のユーザーモデルが適用されます。

元のユーザードキュメントを参照してください。

元の価格設定アカウントについては、自動化されたユーザー管理で追加されたユーザー(IDプロバイダーからインポートしたユーザー)には、New Relic Oneのユーザーモデルが適用されます。New Relic Oneの価格設定へ切り替えると、新しいロールを利用できるようになります。

New Relic Oneの価格設定

組織が2020年7月30日以降に作成された場合、または古い組織であるがNew Relic Oneの価格設定に移行した場合は、その組織にはNew Relic Oneの価格設定プランが適用されます。

New Relic Oneの価格設定ドキュメントを参照してください。

組織がNew Relic Oneの価格設定に移行している場合は、ユーザーには(自動化されたユーザー管理を介して追加された場合を除き)元のユーザーモデルが適用されます。これらのユーザーも、ユーザータイプ別で分類(フル対基本)されるようになりました。

元のユーザードキュメントを参照してください。

組織が2020年7月30日以降に作成された場合は、ユーザーにはこのユーザーモデルが適用されます。

New Relic Oneのユーザーモデルドキュメントを参照してください。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.